2009年03月

天板端部の仕上げ

ヤクモ家具製作所 店長の寺本です。

当店大ヒット&定番商品「シンプルテーブル」は
1cm単位のサイズ指定でご好評いただいております。

オプションで天板端部の形を指定することで、様々なテイストに併せた
テーブルを製作することができます。

同じサイズでも天板端部の仕上げを変えることで、
がらりと雰囲気が変わるものです。

まずは、標準の仕上げ。
天板拡大写真(標準)
写真では直角に見えると思いますが、手が触れても痛くないよう、
コーナー部分は1~2mm程度、45度にカットされています。
製作現場では糸面加工と呼びます。

次はオプションの丸面加工。
天板拡大写真(丸面加工)
小さなお子様がおられる環境に設置される場合や、
より温かみのある雰囲気を出したい場合にお勧めです。

次に船底面加工。
天板拡大写真(船底面加工)
船の底のような形をしていることから、このように呼ばれます。
天板の凡そ2/3を45度にカットします。
エッジが強調され、よりシャープな印象になります。
もちろん天板表面との交差部分には糸面加工が施してあります。

最後に船底面加工+丸面加工。
天板拡大写真(船底面+丸面加工)
船底面加工をベースに4隅のみ半径45mmのRで加工します。
一番人気の加工オプションになります。

当店公式サイト内の「製作事例(お客様のお部屋)
で上記の加工を施した事例をご紹介しておりますので、
宜しければご参照くださいませ♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。