2008年06月

ヤクモ家具製作所 店長の寺本です。
2006年4月から取組んでおります当社のオリジナル家具事業も、丸2年が経過しました。
総合カタログも遂に第3弾が完成いたしました。

カタログ表紙

第1弾・・・A4×4ページ
第2弾・・・A4×12ページ
第3弾・・・A4×16ページ
と少しずつボリュームUPしております。
発行部数は初期のカタログの3倍を用意しました。

カタログ請求は送料も含めて無料です。
気兼ねなくドシドシ請求ください。
ただし、部数には限りがございますので、原則お一人様1部とさせていただきます。

これまで当店でお買上いただいたお客様には順次配布させていただきますが、全てのお客様にお届けするには多少時間がかかります。
お急ぎの方は下記より別途ご請求くださいませ。

無垢材家具総合カタログ2008 無料請求

カタログのリニューアルに併せて、封筒も新調しました。↓
カタログ封筒

ちょっとだけ、中身を公開。。。

カタログ封筒

商品カタログといえば、商品の外観が品よく並んでいるものが多いと思いますが、外観上分かり難い、構造や機能などをできるだけわかり易く、コンテンツを構成しました。

ヤクモ家具製作所は本物志向の家具をネット通販でお届けする製造直販ブランドです。
日本の熟練職人がつくる「高コスト」商品を競争力のある価格で販売できるよう、運営コストを切り詰めています。

ホームページ、カタログ制作は全て社内制作です。
1冊なんと数十円の低コスト。
これもインターネットのおかげ。スゴイ時代になってきました。
スポンサーサイト

『リビングボード』の裏側公開

ヤクモ家具製作所の寺本です。
5月に新発売の『リビングボード』、現在キャンペーン中ということもあり、多数のお問合せ、
ご注文をいただいております。ありがとうございます。

今日は、「リビングボード」の裏側はどうなっているの?
というお問合せについて、回答させていただきます。
確かにホームページ上の情報では、裏側がどうなっているか、確認できる写真はありませんね。

重い重いリビングボードをひっくり返して上から写した写真です。↓
リビングボードの裏1


底板に30ミリの幅木がぐるりと設けられています。
拡大写真はこちら↓
リビングボードの裏2


幅木とは、お部屋の床と壁の境目にある高さ6~10センチくらいの部材です。
木で作られているものやビニール系の素材が用いられている場合もあります。

この幅木を設ける理由、メリットは大きく2つあります。
1)水平面でない床の場合のガタツキを抑える。

一般に、家の床が完璧に水平状態であることは少ないのです。
ビー玉が転がるくらいのゆがみは欠陥ですが、そうでない僅かなゆがみは、
許容範囲として施工されます。
また、竣工当初は水平でも、地盤の状態などにより、時間がたつにつれ、
水平でなくなる場合もあるようです。

このとき、リビングボードの底が天板と同じように、フラットであれば、
床との設置面積が大きく、床のゆがみが家具のガタツキを生じさせて
しまう恐れがあります。

これを防止する為、という理由が一点です。

2)家具本体へのキズ、汚れの不着を防止する。
2点目はキズの防止です。
高価な家具にキズがついてしまうのは、できれば避けたいですよね。
この幅木がないと、例えば掃除機のヘッドなどがコツコチとあたり、
気づけば、傷だらけ、、、ということがおきないとも限りません。

部屋の幅木はこのために設けられます。
とりわけ、土足で使用する部屋などは、床の端と壁とのあいだは、
靴やものがあたり、キズや汚れが多くついている場合があります。

リビングボードは特に低い所に設置する家具ですので、この幅木を
設けています。

ロゴ刷新

ご案内が遅くなりましたが、
4月1日より旧社名(やくも木工)より新社名(ヤクモ家具製作所)に
社名変更させていただきました。

社名変更に伴い、ロゴを刷新しました。
これまでのロゴは「YAKUMO.jp」で親しみのわく、カジュアルな感じに
デザインしてもらいましたが、より本物志向の家具作りが感じていただける
ようなデザインをお願いしました。

屋号も会社名も「ヤクモ家具製作所」で統一しました。
ロゴデザインは神戸市の「ハットグラフィコデザイン」さんにお願いしました。
限られた予算内で、大変クオリティの高いものを作って頂きました。
当社の思い、商品イメージを見事に形にしていただけたと思っています。

ロゴ(事務所看板)

事務所前の看板です。
ウォールナット材を土台に、アクリル板にロゴをレーザー彫刻しました。

ロゴ(トラック)

トラックも全てロゴの張替えです。
コストの問題でハードルは高いですが、将来的には全ての商品に、
ロゴを刻印して出荷したいと考えています。

素敵なロゴに負けないよう、信頼を勝ち取る商品を提供していきたいと
社員一同、気持ちを新たにしています。

今後ともヤクモ家具製作所を何卒宜しくお願い致します。

                          ヤクモ家具製作所 スタッフ一同
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。