2007年11月

発売間近!!無垢のちゃぶ台

近く当店から発売開始となる無垢のちゃぶ台です。

ちゃぶ台の模型1

実はこれ1/10で作った模型です。
特に大型商品の商品開発は図面や模型での検討を十分に行います。
試作品を作って、「やっぱり違う」ということになると、材料代もバカになりませんので。。。

普通、模型は紙やスチロール等、カッターで切りやすい材料で作るものですが、
そこは家具工場ならでは、本物の無垢材で作ります。

いくら小さくても、カッター等では切れませんので、実際の家具を作るのと同じ機械設備
を使って作ります。
ものが小さいだけに、これが結構大変で、場合によっては本物より時間がかかってしまう
場合もあります。

模型だけアップでとっても分かり難いので、、、

ちゃぶ台の模型1

これでスケール感がでるでしょうか?

「無垢のちゃぶ台」、12月初旬に販売開始となります。

実はもう既に商品はできています。
これから、写真撮影を行って、販売ページのコンテンツ作りを行います。
これが結構骨の折れる仕事ですが。。。

日本全国の多くの家庭で使われることを想像して、
気合を入れて頑張ります。
スポンサーサイト

納品事例 その4

お客様よりいただいた素敵な納品写真です

納品写真26

これはスゴイですね!!
素敵なモダンインテリアに「無垢のウォールナット」が溶け込んでいます。
ウォールナットの色、質感は案外、ステンレスや鉄等、ピカリとするものと
相性が良いのかもしれませんね

どうしても「無垢=和」というイメージが強く、

「無垢のテーブルは欲しいのだけれど、部屋のインテリアに合うかどうか不安・・・。」

というお声を頂戴します。
そのようなお客様には大変参考になる一枚ではないでしょうか?

いろいろなテイストのインテリアがあると思いますが、
このテイストには無垢のテーブルは合わない、というものは
無いと思います。

和、ナチュラル、シック、エレガント、アジアン、、、
正確にどのようなカテゴリーに分類されるべきか定かではありませんが、
素材や形、天板端の形状を工夫することで、いろいろなインテリアに
対応できると思います。

テーブルオプション裏技??

シンプルテーブルにはいくつかのオプション加工を用意しております。
中でも多いのが、天板の角を丸くする「丸面加工」です。

天板の端部の加工には、この「丸面加工」と「船底面加工」があります。
船底面加工とは30mmの天板の半分から下を45°の角度で斜めにカットする加工です。
船の底のような形なので、「船底面加工」です。
船底面加工は、シンプルなテーブルをよりすっきり、シャープに見せたい、
というご要望から生まれました。

1ヶ月程前に、「丸面加工」と「船底面加工」を組み合わせてテーブルを製作してほしい、
というご依頼を受けました。

つまり、

角を丸く+船底面加工1

天板上から見ると、コーナー部分は丸くなっていて・・・

角を丸く+船底面加工2

下から(横から)みると斜めにカットされている、という加工です。
コーナー部分の加工が繊細で難しいのですが、写真の通りの精度で仕上がっています。

ちなみに引出付きです。

角を丸く+船底面加工3

合板や突板(無垢材を薄くスライスしたもの)等を使った家具には結構
みられますが、無垢では少ないような気がします。

どうでしょう?カッコイイですよ。
全体の写真を撮っていなかったことに後悔です

せめて確認図面を添付します。
http://yakumo.jp/drawing/STh180-90-71t.pdf

ちなみに料金ですが、丸面加工3,150円、船底面加工3,150円ですが、
この場合、割引を適用して合計4,200円とさせて頂いております。(11月5日現在)

新製品発表『カフェチェア』

少し更新の間が開いてしまいました。
本日は新製品『カフェチェア』販売開始のお知らせです。
手芸用品等に使われる化学繊維素材「アクリルテープ」を格子状に編み込む事で、
座面を構成しています。クッション性があり、長時間の着座にも耐えれる商品です。

カフェチェア

テープのカラーバリエーションはベージュ、焦茶、オリーブの3色を用意しました。

テープの色はかなりカラフルなものから定番の色まで全部で22色ありますので、
色選定はかなり迷いましたが、天然素材である無垢材と相性の良さそうな色合いを
選びました。
カフェチェア


以下は製品の概要です。
プレスリリース(報道発表資料)からの抜出なので多少表現が硬いです。。。

【製品の特徴】
◇ 無垢材の重厚な素材感と化学繊維素材を組合せることでより軽快でカジュアルな仕上りを実現。
◇ 女性やお年寄りでも持ち運べる重さ、当社比約500グラムの軽量化を実現。
◇ 長時間の着座でも疲れないクッション性を確保。
◇ お部屋のインテリアや店舗イメージ等に合せて選べるよう3色のカラーバリエーションを用意。
◇ 当社スタンダードモデル、「シンプルチェア(http://yakumo.jp/simplechair.html)」をベースに
開発。部品の凡そ8割を共有化することで、コストパフォーマンスを向上。

【製品の概要】
◇商 品 名: カフェチェア
◇素  材: (木部)ナラ無垢材、ウォールナット無垢材 (座部)アクリルテープ
◇価  格: 19,300円~22,000円(税込・送料込)
◇発 売 日: 2007年11月1日
◇商品詳細: http://yakumo.jp/cafechair.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。