シンプルテーブル

無垢材テーブルのメンテナンス【導入編】

ヤクモ家具製作所 店長の寺本です。

本日はオイル仕上げの無垢材テーブルのメンテナンスについて
ご説明させて頂きます。

オイル仕上げの無垢テーブルの魅力はなんといっても、
表面をコーティングされていない、木自体のさらさらの質感
だと思います。

島根ショールームにはウレタンとオイル仕上げそれぞれの
サンプルを用意しておりますが、ほぼ全てのお客様が、
オイル仕上げの質感を好まれます。

オイル仕上げの無垢のテーブルを検討するにあたって、
不安に思われるお声を少なからず頂戴いたします。

「熱いものを置いても大丈夫?」

「オイル仕上げは汚れやシミが心配?」

「メンテナンスは自分でもできる?」

代表的な塗装方法として知られる「ウレタン仕上げ」に比べると、
どうしても上記のような点がデメリットと思われ『がち』です。

耐熱・耐汚染性能では、一歩ウレタン塗装に譲りますが、
液体をこぼしたり、あついお茶の入ったコップを置いたら
すぐシミができるということはありません。

もちろん、オイル塗料といっても、非常に多くのメーカー、
製品があり、全ての製品について当てはまるわけではないと
付け加えさせていただきます。

正しいオイルフィニッシュの知識、
メンテナンスの知識、方法を知ることが、
無垢の家具と「長く」「楽しく」付き合うことになります。

当店が推奨するメンテナンスには
「ワックスメンテナンス」と「オイルメンテナンス」がありますが、
撥水・耐熱性能の維持とあわせてキズ・シミ・頑固な汚れを取り除く
場合は、後者のオイルメンテナンスになります。

メンテナンスセット

用意していただくものは、「ノーマルクリア」「サンドペーパー」「ウエス」と
できれば「刷毛」です。
「ウエス」と「サンドペーパー」は当店でノーマルクリアをお買上頂いたお客様に
サービスで同梱しておりますので、特にご用意いただく必要はございません。

ノーマルクリアは容量のバリエーションがたくさんありますが、
一番小さい0.375L缶で180cmサイズのテーブルで数回メンテナンスが
可能です。

長くなりますので、
実際のメンテナンス方法は次回の記事で掲載します。


メンテナンス商品はこちら
http://www.yakumo.jp/fs/yakumo/c/osmo



スポンサーサイト

シンプルテーブル脚材の拡大写真

ヤクモ家具製作所 店長の寺本です。

当店のロングセラー、呼吸する無垢のダイニングテーブル
『シンプルテーブル』には様々なオプションを用意しておりますが、
小さなお子様がおられるご家庭では、やはり「丸面加工」や
「丸面+船底面加工」を選択いただくことが多いようです。

脚材や幕板等、手の触れる箇所は全て標準の仕様で
半径3mmの丸面加工を施しております。

カタログやホームページの全体写真ではなかなか分かり難いかと
思いますので、限界ギリギリまでカメラを近づけて、拡大写真を
撮ってみました。

写真の脚材はウォールナット、テーパー(下が細くなっている形状)
の脚材です。

テーブル脚拡大01

脚の裏側から見るとこんな感じで加工してあります。

テーブル脚拡大02

設置する箇所の床のキズ防止の為、脚裏に貼るフェルトは商品に
同封しております。


天板端部の仕上げ

ヤクモ家具製作所 店長の寺本です。

当店大ヒット&定番商品「シンプルテーブル」は
1cm単位のサイズ指定でご好評いただいております。

オプションで天板端部の形を指定することで、様々なテイストに併せた
テーブルを製作することができます。

同じサイズでも天板端部の仕上げを変えることで、
がらりと雰囲気が変わるものです。

まずは、標準の仕上げ。
天板拡大写真(標準)
写真では直角に見えると思いますが、手が触れても痛くないよう、
コーナー部分は1~2mm程度、45度にカットされています。
製作現場では糸面加工と呼びます。

次はオプションの丸面加工。
天板拡大写真(丸面加工)
小さなお子様がおられる環境に設置される場合や、
より温かみのある雰囲気を出したい場合にお勧めです。

次に船底面加工。
天板拡大写真(船底面加工)
船の底のような形をしていることから、このように呼ばれます。
天板の凡そ2/3を45度にカットします。
エッジが強調され、よりシャープな印象になります。
もちろん天板表面との交差部分には糸面加工が施してあります。

最後に船底面加工+丸面加工。
天板拡大写真(船底面+丸面加工)
船底面加工をベースに4隅のみ半径45mmのRで加工します。
一番人気の加工オプションになります。

当店公式サイト内の「製作事例(お客様のお部屋)
で上記の加工を施した事例をご紹介しておりますので、
宜しければご参照くださいませ♪

超ミニサイズ-シンプルテーブル

ヤクモ家具製作所 店長の寺本です。

当店人気の定番商品、「シンプルテーブル」。
お蔭様で発売開始から2年で300台超を製作させていただきました。

シンプルテーブルは、1センチ単位でご希望のサイズがご指定いただけます。
小さなテーブルから2メートルを超えるような大きなテーブルまで、
大小さまざまなオーダーをいただきます。

本日出荷させて頂いたテーブルは、最小のテーブルになります。
なんと、幅60センチ、奥行40センチの「シンプルテーブルです。

超ミニシンプルテーブル1

小さいだけのテーブルなら、特に珍しくもなんともありませんが、
テーブルの裏側がスゴイことになっています。。。
写真はこちら↓↓
超ミニシンプルテーブル2

こんな小さなテーブルに吸付き蟻桟という木の反りを防止する部材が2本中央に入っており、
木の収縮にあわせてスライドできる「駒」が10個配置してあります。
無垢のテーブルを長年にわたり、不具合なくお使いいただくための工法です。

無垢のテーブルは「裏が命」。。。

無垢のちゃぶ台(スギ)

以前、模型を紹介させていただきました
『無垢のちゃぶ台』
ですが、ついに完成しました。
写真はスギ材のものです。

写真は当社の事務所で撮ったものですが、床も同じくスギ材です。
間に合わせで作った安価なスギ材(床)とテーブルに使っている良質なスギ材との違い、
分かりますか?

一目瞭然ですね。。。

無垢のちゃぶ台2

サイズは直径90センチ、高さは33センチです。
直径90センチ、120センチの2サイズが規格サイズとなります。
これ以外のサイズは全てサイズオーダー品となります。

無垢のちゃぶ台1


構造はシンプルテーブル+[plus]と同じです。
強固なノックダウン式(組立式)金物として定評のあるアトムワンツージョイントを
採用しました。

中央には2本の吸付き残(スイツキザン)を設けております。
無垢のテーブルでも円形の場合は特に『反り』が出やすいものです。

『反り』『割れ』『狂い』等、無垢材特有の症状は、主に湿度変化により木が水分を
吸ったり、吐いたりする為に起こります。

水分は木の小口(切口)から入ります。

円形テーブルの場合、長方形型のものと違い、全体が小口となるため、
反りやすいのです。

コストはかかりますが、吸付き残(スイツキザン)は外せません。

無垢のちゃぶ台3


スギの香りのするちゃぶ台で

『ゆったりとした時間』

過ごしてみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。